洗面所の蛇口交換をしたときの費用、相場はどのくらい?

洗面所は、毎日使う大切な場所です。ところが、水がポタポタ漏れたり、お湯が出なかったりといったトラブルは何の前ぶれもなく発生します。慌てて業者に修理をお願いしたところ、蛇口を交換することになるケースもあるでしょう。

ほとんどの場合は、現場で突然見積書を出されるのですが、それが適正価格なのかどうか素人には判断がつきませんね。ここでは、蛇口交換にかかる金額の相場について、目安を紹介したいと思います。

キッチンのシンクの蛇口交換をしたいときに知っておきたいポイント

交換費用の目安は2万~4万

蛇口交換を考えたときに、おおまかな目安として、蛇口の本体価格を2万円、取り付け費用を2万円と考えるといいようです。例えば、蛇口本体の値段を安くすませる、あるいは安い業者を選ぶなど工夫をすれば、その分交換費用は安くおさえることができます。

大体の目安として、交換にかかる費用は2万~4万円程度を考えておいてください。ただし、配管の交換が必要など、蛇口交換だけですまないケースの場合、金額が大きく変わってくるので注意しましょう。

蛇口の種類を確認しよう

洗面所の蛇口には、いくつかのタイプが存在します。タイプによって料金が異なってくるため、まずは自宅の蛇口の種類を調べてみましょう。はじめに、蛇口が「単水栓」か「混合水栓」かどうかを確認する必要があります。

「単水栓」とは、水またはお湯しかでない蛇口のことです。一方、1つの蛇口から水とお湯両方を出すことができるのが、「混合水栓」になります。単水栓は、学校や公共の場所の手洗い場など、限られた場で使われていることが多いので、ほとんどの家庭は混合水栓になるでしょう。

単水栓の場合は、ハンドル式のものなら本体価格が2,000円程度になるため、非常に安価で交換できる場合もあります。レバー式になるとやや高くなり、8,000円~12,000円を相場と考えると良いでしょう。

同じ単水栓であれば、ハンドル式からレバー式に、あるいはレバー式からハンドル式に変更することも可能です。

混合水栓の相場は?

一般家庭のほとんどは、混合水栓になると思います。混合水栓の場合も、ハンドル式、レバー式に別れますが、本体価格はどちらも10,000円~15,000円程度が相場です。洗面台の場合は、シャワーホースがついているもの、あるいは節水効果のため蛇口の先がシャワーヘッドになっているものも多いでしょう。

この場合は価格がアップする可能性があります。また、蛇口には壁に取り付けられたタイプ、洗面台に付いたタイプ、取り付け穴が1つか2つかなどの違いがあり、それによって工事内容は変わってきます。例えば、壁に取り付けられた蛇口は、蛇口の根元が壁の中の給水管と直接つながっています。

さらに、台についているタイプは、給水ホースが給水管とつながっており、洗面台の場合はこの台つきタイプがほとんどでしょう。取り付け穴が2つある場合は、新しく取り付ける蛇口の穴とサイズが合うかどうか確認したり、穴どうしの距離を計算したりする必要があります。

そのため、混合水栓の場合は工事内容によって、若干取り付け費用が変わってくる可能性が考えられます。ただし、中には種類に関係なく、一律の価格設定をしている業者もあります。

オプション機能をつけるかどうか?

一度蛇口を取り付けた後は、10年程度使用することを想定しているはずです。蛇口交換の機会に、蛇口をグレードアップさせようと考える方もいるかもしれませんね。シャワーホースのついたタイプ、エコハンドル機能、蛇口が上向きのものなど、便利な機能のついた蛇口に変更する場合は、価格帯も変わってきます。

25,000円~54,000円(場合によってはそれ以上も)程度の費用を考えておいた方が良さそうです。

業者の選び方

蛇口交換のとりつけ費用は、業者によって料金体系が変わってくるようです。ですから、リフォームを考えているなど、蛇口交換までに日数をかけてもよい場合は、3社程度に見積もりをとってから業者を選ぶのが良さそうです。

けれども、たいていの場合は急な水漏れなど、すぐにでも交換をしなければならないケースがほとんどでしょう。その場合は、まず連絡を取る業者選びが大切になってきます。業者を選ぶときには、インターネットや広告を参考にすると思います。

テレビCMなどで大きく宣伝をしている有名な業者は、宣伝コストがかかっている分、価格を高めに設定している傾向があります。ですから、広告はひかえめな業者を選びましょう。また、遠方の業者は出張コストが高くなる可能性があるので、地元の業者を選ぶのが賢明です。

ただし、個人事業としてやっている業者は、工事が雑な悪質業者の可能性もあるので、法人企業を選ぶようにしましょう。


できることなら事前に電話見積もりを取る

業者をピックアップしたら、まずは電話で料金体系を確認してみましょう。基本料金が安いと安心していたら、出張費がとても高かった!などのケースもあるため、注意が必要です。蛇口の種類を説明し、おおまかな蛇口(水栓)料金+取り付け費用+出張費用などを合わせた、トータルの費用の概算を確認してみてください。

可能であれば、数社に電話見積もりを取った方が安心です。また、現場に来てもらった際に、見積もり価格よりも高い金額を提示される可能性もありますが、その場合は理由をしっかり確認しましょう。工事にとりかかる前に金額をしっかり提示してもらう必要があります。

取り付け費用は、だいたい10,000円~15,000円程度が相場になるようです。この金額に、先ほど紹介した蛇口本体の金額が加わります。

さらに、夜間の緊急対応など、特別料金が必要になる場合もあります。その他にも、交換後また水が出なくなった、などのトラブルがあった場合、どのようなアフターフォローをしてもらえるのかも、あわせて確認しておきましょう。

部品交換だけですむ場合も

一番費用をおさえられるのは、パッキンやバルブカートリッジだけを交換する方法です。まずは、業者に確認をして、一部の部品交換だけで対応できるかどうかを相談しましょう。蛇口まわりの部品交換だけなら、費用は8,000円~10,000円程度(部品代は除く)になるようです。

ただ、部品を交換した場合に、別の場所にトラブルが起こる可能性もあるので、業者は蛇口自体の交換をすすめるケースが少なくありません。蛇口の形状と、どの箇所にトラブルが起こっているかを確認してもらい、業者とよく相談した上で、部品交換のみにするのか、蛇口本体を交換するのか決めても良いでしょう。

お湯の温度調節ができなかったり、レバーの動きが悪かったりする場合は、経年劣化による寿命である可能性が高いので、蛇口交換を考えた方が良さそうです。